千里の道をまだまだ走る~ときどきひとやすみ~

分析機器、医療機器の日英翻訳をしています。翻訳者生活7年目。翻訳、日々のつぶやきなど、いろいろ書いていきます。

梅仕事~2021~③(梅干しの仕込み)

この春のメインイベント(・・というほどでもありませんが)、いよいよ完熟梅が出回り始めました。
去年作った梅干しが思った以上に美味しかったので、今年は量を増やして漬けてみることにしました。

今年は3kg購入。

去年と比べると暑くなるのが早いせいか、追熟させる必要がほとんどないくらいな状態で届きました。

これをよく洗ってヘタをとり・・・

f:id:senri-miraido:20210619101509j:plain

材料を混ぜてジップロックで漬けるだけ。

去年と同じ配合で1kg分。
そして、残りの2kgには、氷砂糖に加えてはちみつを入れました。

甕で漬けると本格的な感じになるのでしょうけれど、甕を置くスペースもないし梅雨の時期に常温で置いておくにはかなり勇気がいるので、手軽にジップロックへ入れて冷蔵庫へ。

f:id:senri-miraido:20210619101505j:plain

ここから梅雨が明けるまで、毎日ゆすって液を混ぜ、袋の上下をひっくり返します。
日に日に梅の香りが強くなっていき、梅が漬かっていく様子を見るのはとても楽しいです。

梅干しの作り方

<材料(白干し梅の場合)>

  • 梅    1kg
  • 塩    130g(梅の重さの13%)
  • 氷砂糖  100g(梅の重さの10%)
  • 焼酎   1/4カップ(適当)

<材料(はちみつ梅の場合)>

  • 梅    1kg
  • 塩    150g(梅の重さの15%)
  • はちみつ 40g(梅の重さの4%)
  • 氷砂糖  60g(梅の重さの6%)
  • 焼酎   1/4カップ(適当)

*はちみつ梅はこちらのサイトを参考にしました。

cookpad.com

 

<作り方>

  1. 梅を綺麗に洗ってヘタを取り、乾燥させる。
  2. ボウルに梅を入れ、焼酎をまぶし、塩、氷砂糖(半分)を入れて全体にからめ、ジップロックへ移す。
  3. 全体を平らにして空気を抜いて密封。重石をして冷蔵庫へ。
  4. 数日して梅酢が出てきたら残りの氷砂糖を加える。
  5. 1日に数回、袋をゆすって上下を返し、塩や小売り砂糖と梅をなじませる。
  6. 1ヶ月ほどたった土用のころに天日干しをする(3日間)。
    1~2日は天日で、夜は屋内に。3日目は翌朝まで外に置いて夜露にあてる。
    3日の間に3~4回表裏を返して梅に日光と風邪をあてる。
  7. 殺菌した瓶へ移す。
    (すぐに食べられるが、年を越した頃にはさらにおいしさが増すらしい。)

ひとまず梅雨明けまでは、じっと待つのみ。
まだ梅雨にも入っていませんが、早くも梅雨が明けるのが楽しみになりました。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
最後までお読みいただきありがとうございます。

梅仕事~2021~②(梅シロップ&しそジュース)

実際に仕込んだのは数日前ですが、今年も梅シロップを作りました。

散々迷ったのですが、使った梅は昨年冷凍した残りの梅でした。
少し冷凍焼けしているような気がしたのですが、捨てるのも忍びなく、ダメ元で使ってみることにしました。

f:id:senri-miraido:20210611084248j:plain

去年、梅シロップをたくさんつくりたかったので、第1弾を飲み終えたらどんどん追加で作ろうと、第4弾までの分の梅を冷凍してあったのでした。

ところが、7月末に第2弾の梅シロップを漬けたところ、1週間ほどで泡だらけ。なんともアヤシイ感じになってしまったのでした。
やはり暑さには弱いようで、暑くなる前に仕込んで暑くなる前には出来上がるようにしなくちゃいけなかったようですね。

炊飯器や無水鍋で1晩かけて煮込んでつくる方法もあるようなのですが、3か月じっくりかけてつくった方がおいしいだろうなと思います。

どうかおいしくできますように・・・。

梅シロップのレシピ

レシピというほどのものではありませんが、こんな感じ。

<材料>

  • 梅  約1kg
  • 氷砂糖 約1kg

<作り方>

  1. 梅を綺麗に洗って乾燥させてヘタを取り、冷凍する。
  2. 焼酎で殺菌した瓶に冷凍した梅と氷砂糖を交互に入れて冷暗所で保存。
  3. 毎日瓶をゆすって混ぜる。

しそジュースに挑戦

梅仕事ではありませんが、今年はしそジュースも作ってみることにしました。

しその葉を茎からとって洗ったもの。
紫と緑が鮮やかで、とても良い香りがします。

f:id:senri-miraido:20210611084236j:plain

これを煮ると、葉の色が緑に代わりました。
そして、お湯は赤っぽい色に。 

f:id:senri-miraido:20210611084239j:plain

これをざるでこし、液を火にかけ、そこへ砂糖お酢を加えます。
お酢を入れたら一気に色が鮮やかなピンクに変わりました。

このピンクがとても綺麗で好きです。

葉が緑&紫→緑に、水が赤→ピンクへ・・という色の変化にはとても感動します。
子供たち(高1女子&中3男子)も喜んでいました。

f:id:senri-miraido:20210611084242j:plain 右:お酢投入前、左:お酢投入後

思ったよりもたくさんできました。
水で割って飲んでみました。甘さと酸っぱさが融合していないようにも感じてしまったのですが、さわやかに飲めました。
でも、私には少し甘かったようなので、来年はもう少し砂糖を減らしてつくってみようと思います。

f:id:senri-miraido:20210611084245j:plain

しそジュースのレシピ

こちらもレシピと言えるほどのモノでもないのですが、来年のために分量を書き残してておきます。

<材料>

  • しそ  約300g
  • 水   1800cc
  • 砂糖  約400g (かなり甘めなので、減らしてもいよいかも)
  • 酢  200cc

<作り方>

  1. しその葉を茎からとってよく洗う。
  2. 水が沸騰したらしそを投入。5分ほど煮る。(しその色が変わるまで)
  3. ざるでこす。(葉をとりだす。)
  4. 汁を火にかけ、砂糖を溶かし、お酢を投入。
  5. 冷ましたら水か炭酸水で割って飲む。

来年は砂糖を減らしてみようと思います。

 


 

去年はベランダで赤唐辛子を作ったのですが、春に苗が見つからず、かわりに「日光とうがらし」を植えることにしました。

同じ「とうがらし」だからたいして変わらないだろうと思っていたのですが、全然違って育つ育つ。

気づいたらこんなに大きな実がなっていました、ビックリ。

f:id:senri-miraido:20210611084233j:plain

赤くなってから収穫したいのですが、もう数日置いたら赤くなるのでしょうか?



今年はまだ梅雨にも入っていないのに、もうすでに夏のように暑いですね。
一昨日は暑さに耐えきれず、今年初めてクーラーをつけました。

さて、最後の梅仕事は、梅干し。
来週3kgほど届くので、今年は一気に3kgの梅を漬ける予定です。

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
最後までお読みいただきありがとうございます。

梅仕事~2021~①(日本酒で漬ける梅酒)

今年も梅の季節がやってきました。

昨年に続き、今年も日本酒で梅酒を漬けることにしました。
昨年初めて漬けたのですが、まろやかで本当においしかったです。

そんなわけで、今年は2本に増量。 

f:id:senri-miraido:20210603005921j:plain

梅を洗ってヘタを取り、

f:id:senri-miraido:20210603005918j:plain

氷砂糖を入れ、

f:id:senri-miraido:20210603005924j:plain

そこへ日本酒を注ぐだけ。

3ヶ月目くらいから飲めるそうです。

お酒の度数が低いので、梅は少し早め(6か月目くらい)に取り出したほうがよいそうです。

昨年、ぐっとこらえて6か月目に飲んだときには、あまりのおいしさに感激しました。

そのまま年を越して最近まで残っていましたが、ほぼ飲み終わりました。
日本酒の梅酒は長く置いたからといっておいしくなるわけではないようなので、漬かったらおいしいうちにどんどん飲むことをおススメします。

レシピとおススメの日本酒

レシピというほどではありませんが、分量を載せておきます。

<材料>

  • 梅   1~1.5 kg
  • 氷砂糖   500g
  • 日本酒   1升

<つくりかた>

  • 梅と氷砂糖を交互に入れ、梅酒を入れる。
    (今年はうっかり梅を最初に入れてしまったので、氷砂糖は上からまとめて投入。手抜きですが、毎日ゆすれば大丈夫でしょう。)

日本酒のおススメは澤乃井の「梅酒にしたらおいしい原酒」です。

この時期だけの限定のお酒かと思ったのですが、定番の日本酒のラベルの上に「梅酒にしたらおいしい原酒」のラベルが貼られているだけのようです。
とにかく、梅酒にしたらおいしいことは間違いありません。

 

他には梅シロップと梅干しを作る予定です。

4月以降は新じゃが、新たまねぎ、梅・・・とおいしいものがたくさんあっていい季節ですね。 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
最後までお読みいただきありがとうございます。

はっさくピールを作りました & 近況

私はオレンジピールのチョコが大好きで、代官山のオフィスに通っていた時にはレオニダスのオランジェットを毎月必ず買うようにしていました。


レオニダス オランジェットBOX

 

いろいろあるオレンジピールチョコの中でも、レオニダスが一番おいしくて好きです。

シャトレーゼのオレンジピール、はっさくピールもなかなかおいしくて手近で買えるのでよくたべますが、やっぱりレオニダスのオランジェットは特別な存在かな・・。

はっさくピールの作り方

ここ数年、学生時代の友人からはっさくをお取り寄せ購入しています。無農薬で作っているので皮も食べられるだろうと、昨年初めてはっさくの皮で砂糖漬け&チョコレートがけを作ってみました。

とってもおいしかったので、今年もつくってみました。(2週間ほど前のことですが・・)

少し手間がかかりますが、つくり方はとても簡単です。

  1. 皮を一晩水にひたす。
  2. 白いわた部分をこそぎとる。(皮の重さを量っておく)
  3. お湯で煮る。(2~3回湯でこぼす)
  4. 皮と同量の砂糖でとろ火で煮詰める。
  5. 日干しする(2~3日)
  6. グラニュー糖、チョコレートをまぶす。

注意点は2つ

  • とろ火で煮る時間はしっかり長くとること。
  • 日干しは2~3日じっくり時間をかけること。

早く食べたいあまり、とろ火ではなく弱火から中火で煮る時間を短縮し、おまけに日干しも1日しかしなかったのですが、去年と比べると「オレンジピールというより「皮!!!」な感じになり、見た目もちょっといまいちな感じになってしまいました。 

f:id:senri-miraido:20210218092157j:plain

第2弾はさきほど水に浸したので、週末また作ってみようと思います。
今度はじっくり時間をかけて作ってみようと思います。

近況

2月の第2週から中3娘の受験が始まりました。
本命の県立の入試は第3週目に3日間(2/15が5教科、2/16が特色テスト、2/18が面接)実施されました。
私も同じ神奈川で高校受験をしていますが、30年前とは受験システムが全く違うものになっていて、内容も比較にならないほど難しくなっています。
おまけに3日間もあるってなかなか過酷ですよね。

この時期は毎年インフルエンザにかからないようにとハラハラする期間ではあるのですが、今年はインフルエンザはもちろん(今年はほとんど話をききませんが)、コロナ感染の不安もあり、また、家族が1人でも熱を出したら本人が元気でも入試に行かれなくなるため、毎日本当に気を遣う日々でした。

2月に入ってからは私も毎日なんだか落ち着かなくて、この3週間近く本当に何をやっていたのかというくらいソワソワしていました。

そして、昨日無事面接が終わりました。

大雨あり、大風あり、おまけに小田急線の遅延ありで波乱に満ちた県立高校の入試でしたが、なんとか元気に3日間を無事終えられて、もうそれだけでも満足です。

神奈川県の「特色テスト」というテストはちょっと独特のテストでものすごく難しいのですが(私は多分英語がらみの問題以外はほとんど解けない)、今年はさらに難化したようです。そして、5教科は例年より易化したようで、娘を含め、周りの受験生はみんなザワザワしています。

結果がどうでるかはわかりませんが、各試験が終わった後の娘の力強い言葉がとても印象的でした。
5教科の試験後には「もっと勉強しておけばよかったとは思わなかったから満足」、特色テスト後には「思ったより点数が低いけど、できることはやったから悔いはない」、面接が終わった後には「ちょっとつかえたところはあったけれど、言いたかったことは全部言ったし、満足」だそうです。

本人に悔いが残らないのが何よりです。
結果がどうであれ、悔いなく3日間を終えられたことが一番嬉しいです。

さあ、私も落ち着かない日々はこれで終わり、ここから先、しっかりいろいろやりますよ~。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
最後までお読みいただきありがとうございます。

カヌレを焼きました。

久しぶりにカヌレを焼きました。
大小合わせて50個くらいできました。(写真はその一部)

f:id:senri-miraido:20201129210347j:plain

私はカヌレが大好きなのですが、高級菓子なのでお腹一杯になるほど買うことがなかなかできません。

それならいっそ自分で作ってしまおう!と思ってこれまでにも何度か作ったことがあります。

今回は新たに型を1つ追加購入し、大・小2種類のカヌレを焼きました。

f:id:senri-miraido:20201129212032j:plain

私が使っているのは、シリコンのカヌレ型です。シリコンの型だと焦げ目がつきづらいという話も聞いたことがあるのですが、オーブンの火加減を調整すればかなり綺麗に焦げ目がつきます。

最初は大きい方の型(写真左)を1つだけを買ったのですが、型が1つしかないと一度に少ししか焼けないし、1つ1つのサイズが大きすぎて火が通るのに時間がかかるため、小さいサイズで数が多く焼ける型が欲しいとずっと思っていました。

小さい型(写真右)はどこのお店でも売り切れだったため、最近まですっかりその存在を忘れていました。でも、最近パンの型を探しているときに偶然発見して購入することができたのでした。

参考にしたレシピサイト

cookpad.com

 

材料もシンプルだし、作り方も難しくありません。

一番面倒なのは、火加減でしょうか。
私は230℃で30分(レシピでは20分)焼いてから170℃で60分焼きました。

時間が過ぎた後はオーブンの蓋だけ空けて冷めるまでそのまま放置すると、外はカリカリ、中はしっとりのおいしいカヌレが出来上がります。

オーブンによって火加減は変わると思うので、いろいろ試してみると良いかもしれません。

猫型パンのパン型も購入

最近猫型パンが流行っているのか、最近よく見かけます。
少し前に母も猫型のパンを買ってきてくれました。

とてもかわいかったのですが、お店が少し遠いので買いに行くのも手間だし簡単に自分で作れそうな気がしたので、型を買ってみることにしました。 

f:id:senri-miraido:20201129210343j:plain

まだ作ってないのですが、作ったらまたレポートしたいと思います。

 

カヌレの型とネコパンの型を購入したお店はこちらです。いろいろなお菓子の道具や材料が揃います。見ているだけで楽しくなります。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
最後までお読みいただきありがとうございます。

しいたけ、生えずに終わる & ゆずの木を買いました。

前回の更新から1週間もあいてしまいました。

相変わらずバタバタですが、ちょこちょこJTF翻訳祭の動画を見ています。なんとか期限の12/5までには見たいものは全部見れそうです。

今日は久しぶりの更新なので、ベランダ菜園の近況報告をしたいと思います。

しいたけ、カビちゃいました。

先日しいたけの原木を見つけて大喜びで購入した・・という記事を書きました。

senri-miraido.hatenablog.com

 

必要な準備は全て済ませ、後はしいたけが生えてくるのを待つのみという状態でした。

説明書によると3~10日程度でしいたけが生えてくるはずだったのですが、いくら待っても生えてきません。

毎日息子と一緒にせっせと霧吹きで水を吹き付けていたのですが、生えてきたのは、しいたけではなく、カビでした。

何かの間違いかと思いつつ様子を見ていたのですが、カビだけがどんどん繁殖していき、やはりしいたけは生えてきません。
一度綺麗に洗ってやり直してみることも考えたのですが、このカビを見てしまったら、この後無事にしいたけが生えてきたとしても食べるのには相当の勇気が必要になりそうです。

捨てるに捨てられずカビだらけのまま置いてあるのですが、そろそろあきらめなくてはいけないのかもしれません・・。

何が悪かったのでしょうね?!

ゆずの木を買いました。

前から欲しかったゆずの苗木を買うことにしました。近所のおうちの庭先でゆずがたわわに実っているのを見て密かにうらやましく思っていました。

ゆず風呂、柚子ジャム・・考えるだけでも楽しい。

鉢植えでもそれなりに育つそうなので、育ててみることにしました。

注文した木が今日届きました。

f:id:senri-miraido:20201128223127j:plain

思ったよりも大きかったです。

食材の買い出しのついでにいつものホームセンターに寄って、鉢と土を買ってきて、早速植えてみました。 

f:id:senri-miraido:20201128223131j:plain

今回の柚子は、オリーブ同様、1Fに置いてみました。

ここは日中は程よく日が当たるし、軒のおかげで雨もある程度防げるので置き場としてはなかなかいいところです。

この木は接ぎ木して2年目の木だそうです。
ゆずは実がなるまでに時間がかかるそうですが、鉢植えの場合は少し地植えよりも早く実がなるとか。育て方を調べるところから始めないといけないのですが、大事に育てたいと思います。

結局・・。
私が育てているものって、ハーブもオリーブもゆずも、「食べれるもの」というのがポイントになっているんですよね。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
最後までお読みいただきありがとうございます。

シイタケの栽培始めました。

先日ホームセンターへ行ったのですが、お店を出るときに出口すぐ横の棚に置かれていた商品に目を奪われてしまいました。

f:id:senri-miraido:20201101153814j:plain

きのこ(シイタケ)の栽培キット

お値段は980円。

思わず買ってしまいました。

980円という値段を高いと思うか安いと思うかは人によると思います。私にとっては、「ちょっとやってみようかな」・・・と買ってしまいたくなってしまう程度の価格設定でした。

一瞬だけ迷いましたが、即購入。

小脇に抱えてウキウキと帰宅したところ、夫はやや呆れ気味だったものの、予想通り、子供たちは大喜び。(私と同じ感覚を持っているからなのか、私が子供なのか・・。)

早速みんなで栽培に取り掛かることにしました。

箱を開けてみました。

箱を開けると、中にはこんなものが入っていました。

f:id:senri-miraido:20201101153816j:plain

  • 原木シイタケの木
  • 受け皿
  • 浸水・保湿用ポリ袋
  • 輪ゴム
  • スプレーヘッド
  • 栽培の手引き

原木には、すでにシイタケの「芽」らしきものが見えています。

数えたら16個ありました。16個シイタケが生えてくるということでしょうか?

早速栽培を始めました。

まずは外箱にビニール袋を入れて原木を入れ、原木が浸かるくらいの量の冷たい水を注ぎました。

f:id:senri-miraido:20201101153841j:plain

水がたっぷり入ったところで袋の口を絞り、輪ゴムでとめて、日陰に置きました。

f:id:senri-miraido:20201101153845j:plain

このまま12時間~24時間寝かせる・・とのことなので、1晩ベランダに置いておきました。

直射日光が当たらないよう、朝会社に行く前に家の中へ。
そのまま放置して、夜になってから袋の水を捨てたのですが、なんかちょっと変なにおいがしました。

その後、受け皿に原木を置いて上からビニール袋をふんわりとかぶせました。周りが水浸しにならないように、受け皿事バケツに入れてました。

f:id:senri-miraido:20201103012846j:plain

この後は、直射日光の当たらないところに置き、毎日1~2回、付属のスプレーヘッドをペットボトルに装着した霧吹きで、保湿を続けます。そうすると、3~10日ほどで芽が出てくるそうです。

昼夜の温度差を付けると、シイタケのボリュームがアップするとか。(寝る前に外に出して、朝になったら入れればいいのかな?)

生えてきたシイタケを食べる勇気があるかどうかは別にして、シイタケがどう生えてくるのかなんて今まで見たことないので、それを見られるだけでも楽しいかも。

この結果がどうなるか、また後日レポートしたいと思います。

 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
最後までお読みいただきありがとうございます。

オリーブに追肥をしました。

旧ブログでも書きましたが、7月にオリーブを購入しました。

庭がないので無理だと思ってあきらめていたのですが、鉢植えでも育てられると聞き、思い切って購入。

f:id:senri-miraido:20201011153344j:plain

「ミッション」と「ネバディロブランコ」の2種が1鉢に植わっているものを購入してしまったのですが、到着後すぐに元気がなくなってしまいました。慌ててホームセンターに行ってお店の方にいろいろ教えていただき、それぞれ鉢を分けることにしました。

その後せっせとお水をあげて何とか暑い夏を乗り越えたのですが、最近になって葉っぱが黄色くなってきてしまったので、追肥をすることにしました。

選んだ肥料は、置くだけでOKな「ハイポネックス オリーブ用」。

本当に置くだけでよいみたいですね。
7号の鉢なら6~7粒くらいでよいそうなので、早速置いてみました。(本当にただポンポンと置いただけです・・・。)

f:id:senri-miraido:20201011153405j:plain

来年までは実がならないかもしれませんが、自分のおうちで育てたオリーブを使ってピザを作るのが夢なので、たくさん実がなるように育てたいと思っています。

オリーブ初心者なので、ネットであちこち調べましたが、本も購入しました。
図書館からもいろいろ借りて読んでみましたが、この本が一番わかりやすかったので手元に置いておくために購入しました。  

説明がとても丁寧でわかりやすく、1年を通じて何をすればよいかがわかりやすくまとめられていました。

私としては早く剪定をしたいのですが、それはもう少し先のお楽しみのようです。

これから台風の季節なので、風で鉢が倒れないよう、使わない鉢の中にはめ込んで置いているのですが、風が強い時はやっぱり玄関の中に入れた方が良いのでしょうね・・。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
最後までお読みいただきありがとうございます。

日本酒で漬けた梅酒が完成しました。

今年は2種類の梅酒を漬けました。
1つは定番の焼酎で、もう1つは日本酒で漬けた梅酒。

日本酒で漬けた場合、早ければ1か月くらいで飲めるそうです。
ホワイトリカーよりもアルコール度数が低いため、梅は3か月ほどで取り出さなくてはなりません。梅を取り出す時期まで3か月間、じっと我慢。

ようやく3か月が過ぎたので、さっそく飲んでみました。

日本酒で漬けた梅酒は最高!

6/20に漬けたときの写真がこれです。(氷砂糖、どのくらい入れたか忘れてしいました。)

f:id:senri-miraido:20200926211249j:plain

使ったお酒は、澤乃井の「梅酒にしたらおいしい原酒(奥多摩湧水仕込原酒)」です。
梅の時期だけに出回る限定品だそうです。

瓶に梅酒を注いだ時に、香りがとてもよかったのが印象的でした。

f:id:senri-miraido:20200926212346j:plain

あれから3か月が過ぎ、日本酒で漬けた梅酒が完成しました。

こんなに綺麗な琥珀色になりました。日本酒と梅の甘さがほんのりと香ります。

f:id:senri-miraido:20200926211313j:plain

あれだけふっくらしていた梅も、すっかりしぼんでしまいました。
取り出してみると、こんな感じ。

f:id:senri-miraido:20200926211318j:plain

さて、この梅で何を作りましょうね?
ちょっと考えなくては。

さっそく梅酒を飲んでみました。
おちょこや無地のグラスがないので、プリンカップで。

f:id:senri-miraido:20200926211323j:plain

すごくまろやかで、本当に美味しくてビックリしました。

冬を越すとさらにおいしくなるそうです。
ちびちび飲みながら楽しもうと思います。

うちの家族は私以外誰もお酒を飲まないし、私もあまり強くないので、全部飲み終えるまでにはちょっと時間がかかりそうです。

梅酒を作るなら日本酒を強く強くお勧めします。
来年梅のシーズンになったら是非お試しを!

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
最後までお読みいただきありがとうございます。